木村拓哉さん主演のTBS日曜劇場「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」の第1話が2013年10月13日に放送され、平均視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。


 大ヒットドラマ「半沢直樹」の後枠、しかも木村さんが演じるのは天才物理学者と「アンドロイド」の2役という奇天烈な設定で、放送開始前から「大コケ」を心配する声があがっていたのですが、堺雅人主演「リーガルハイ」の21.2%に次ぐ第2位を記録し、幸先のいいスタートを切りました。

木村さん、ネットでは大根で有名ですし、20年来のファンの私でも「どんないい役もらっても同じ役にしか見えないな、殻を破るという作業ができない人なんだなぁ」とあきらめちゃうほどです。

だから視聴率の報道が出るまでは本当に心配しましたが、前枠「半沢直樹」は初回19.4%でしたから、僅差ということで好調でほっとひと安心です。

AKBの大島優子ちゃんが木村さんの妹役、めっちゃハマってて可愛かったです。髪型もふあっふあで♪ ドラマ『あまちゃん』の能年玲奈ちゃんがオファーを蹴ったとも言われていますが、私は大島さんでよかったって思いました。

瞬間最高視聴率21.5%を記録したのは、1話クライマックスシーンの21時58分で、木村さん演じる沫嶋黎士(まつしま・れいじ)を殺したアンドロイド・ラプラス(福田彩乃)が、 次に狙う黎士の婚約者、安堂麻陽(あんどう・あさひ、柴咲コウ)を殺そうとする場面です。

未来から麻陽を護るために やってきたアンドロイド・安堂ロイド(木村さんの2役)が、「安堂麻陽が死ぬことは禁じられている」と ラプラスと対峙し、壁をぶち破る圧巻のアクションを繰り広げたシーンでした。

コンセプト・設定にはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明さん&鶴巻和哉さんが協力しているとのことで、私としてはかなり戦闘シーンには期待していたのですが、正直イマイチの印象 (;^-^A

福田彩乃さんが意外と頑張ってて、もうモノマネ芸人の印象ないな、って思いました。白メッシュはさすがにないな、とも思いましたがw

でも、まだ第1話ですからまだまだ分かりません! これからもっとスゴイ戦闘シーンが来るかもしれませんしね。これからロイドと麻陽の関係はどうなっちゃうんでしょうか? クライアントって誰なんでしょうね、未来の麻陽とか? ナゾが多すぎて次回以降が気になるところです。